自動製袋用ロール

特徴

通販用のシュリンク包装や自動包装用などの用途に合わせたフィルムロールを製造しております。単純な半折や、フィルム同士を貼り合わせ巻き取った多連ロールも可能です。弊社の独自技術を用いてメッシュ状PFフィルム「ワリフ®」と通常フィルムを貼り合わせることも可能です。

主に使用される素材

【OPP(Oriented Polypropylene:二軸延伸ポリプロピレン )】
最も透明度が高く、パリパリした感触の硬い素材です。反面、コシがなく脆いという特徴があります。

【CPP(Cast Polypropylene:無延伸ポリプロピレン )】
OPPと比べると透明度は若干劣りますが、その分コシが強く丈夫で、シール強度も高い材質です。

【LDPE(Low Density Polyethylene:低密度ポリエチレン )】
柔らかくてコシが強く、非常に丈夫な素材です。加工性にも優れ、もっとも一般的に使用されます。透明度は低いので、着色や印刷を施して使われることが多いです。

【HDPE(High Density Polyethylene:高密度ポリエチレン )】
LDPEより硬くてコシがなく、サラサラした質感の素材です。底マチをふかくとれば自立します。LDPEと同様、透明度は低いです。

(製品規格の説明)

Copyright© 2010 鈴木特殊化工株式会社 All Rights Reserved.
Top